絵本紹介『そらいろのたね』


こんにちは、つくし組担任の上田です。今回は、私が幼い頃に読んでもらった絵本の中で最も印象に残ってる絵本「そらいろのたね」を紹介します。この絵本は、「ぐりとぐら」の作者である中川李枝子さんが描いた絵本です。
 主人公のゆうじが模型の飛行機で遊んでいると、きつねがやってきて飛行機とそらいろのたねを交換して欲しいと言いました。ゆうじは、交換し、その種を大切に育てます。すると種からそらいろの家ができ、その家がどんどん大きくなり、色々な動物達が住むというお話です。
この絵本は、種から家が出てくるという不思議な話だけで終わりなのではなく、最後にきつねがある行動を起こし、その行動に教訓が隠されているという奥深い絵本です。
是非手に取り読んでみてください。

 

そらいろのたね

そらいろのたね

 

 

絵本紹介 『もりのホテル』

こんにちは!ばら組担任の吉河奈穂です。

今回ご紹介する絵本は、『もりのホテル』です。
森の中の大きな木に、あらいぐま一家が経営している一軒のホテルがありました。とってもきれい好きで、いつもピカピカなあらいぐま一家のホテルは、森の動物たちに大人気です。へびやくま、ふくろうやたくさんの小鳥たち、それぞれのお客さんにぴったりのお部屋を用意してくれます。あらいぐま一家の温かいおもてなしや数々の素敵なお部屋にわくわくが止まらない、何度も開きたくなるような絵本です。

「私も泊まってみたい!」と引き込まれるストーリーがおすすめなのはもちろんですが、私はふくざわゆみこさんの絵が大好きで、この絵本に惹かれたのも可愛らしい絵がきっかけでした。動物たちの表情や背景の一つ一つがとても丁寧で繊細で魅力的なので、ぜひ注目して読んでみてください。皆さんも“もりのホテル”に泊まりたくなること、間違いなしです!(文責:吉河)

 

もりのホテル

もりのホテル

 

 

絵本紹介『しーっ!ひみつのさくせん』

こんにちは!ひまわり組担任の藪野です。
私が今回紹介するのは「しーっ!ひみつのさくせん」という絵本です。
4人組が森の中に入り、鳥を見つけると「しーっ!ひみつのさくせんその1、、、」と捕まえようとしますが、すぐに逃げられてしまいます。
鳥を木の上から池のほとりと追い詰めていき、またひみつのさくせんをしようとするのですが、逃げられてしまい…
さて捕まえることはできるのでしょうか?
ひまわり組の子どもたちは、この絵本が大好きで、「先生、ひみつのさくせんまた読んでー!」と飽きることなく、何度も読んでいます。
また、遊びの中でも「ひみつのさくせん!」と言って真似ている姿もあります。
同じ作者の「ちょっとだけまいご」という絵本も面白いので、合わせてぜひ読んでみてください。

 

しーっ!  ひみつのさくせん ボードブック

しーっ! ひみつのさくせん ボードブック

 

 

ママ友イベント速報

ママ友クラブのイベントを行いました。
今回のイベント“ダニエル先生と英語で遊ぼう!”でした。
幼稚園に常駐している外国人のダニエル先生と、ママとお友達と一緒に英語で楽しむ企画です。ダニエル先生もとても楽しみにしてくれていて「今日だよね??ママ友クラブ!!」と朝から話しかけてくれました(もちろん、英語です♪)。
そんな気持ちが通じたのか、今回もたくさんのお友達が遊びに来てくれました。
ママと一緒に音楽に合わせて、英語のダンスを踊ったり、発音したりと楽しみました。赤ちゃんもママも楽しそうなお顔で参加してくださっていることがとても嬉しかったです。
次回のイベントは、10月28日(月)の“手形スタンプで遊ぼう”です。次回もみんなで楽しく遊びましょう!!みなさんのお越しをお待ちしております。(文責 高野)

f:id:senseinoblog:20190920171050j:plain



ママ友イベント速報

ママ友クラブのイベントを行いました。
今回は、“楽器で遊ぼう!”をテーマに、ママとお友達と一緒に遊びました。
ママと一緒にふれあい遊びをし、体をほぐしてから、楽器に触れていきました。
楽器は、本物の音色を楽しんでもらいたいという願いから、本物のスズ、タンバリン、ベルを持っていきました。
みんなの前に出すと、小さなお友達も、自分が興味のある楽器にまっしぐら、思い思いに手に取って音を楽しむ姿がありました。
好きな楽器を見つけると、手に持ち、ずーっと離さずにいる子もいて、そんな姿を見ることで、お気に入りの音色や形を見つけ、楽しんでくれていることがわかり、とても嬉しく思いました。楽器を持ち、音楽に合わせて、演奏すると、なんともかわいい演奏会が開かれ、楽しいリズムが部屋の中に響き渡りました。
最後に、手作りの楽器を作り、それも含め、好きな楽器を鳴らして演奏会をしました。
嬉しいことに、手作り楽器も気にいってくれ、それを持って演奏してくれる子がたくさんいました。こうして、かわいいママ友クラブの演奏会は、とても楽しく幕を閉じました。
また、次回のイベントは9月13日のダニエル先生と英語で遊ぼうです。
みなさんのご参加、お待ちしております。(文責 高野)

 

f:id:senseinoblog:20190902185252j:plain

 

ママ友イベント速報

ママ友イベントを行いました。
今回のイベントは“手形スタンプをしよう!”で、たくさんの赤ちゃんたちとママが遊びに来てくれました。
今回は、赤色のゆび絵の具(指や手を使って、遊ぶことを目的とした絵の具で、石鹸で落ちやすくて安心な絵の具です)を使った、手形をして、夏を意識して海の中を泳ぐ、タコを作りました。

f:id:senseinoblog:20190801095955j:plain

赤ちゃんの可愛い手と、ママの手を並べてスタンプすると、ママの手がとっても大きくて、ビックリ!!「こんなに大きな手だったかな??」と、ママ達も自分の手を見て言っていましたが、この大きくて優しい手に赤ちゃんたちは、守られて大きくなっているんだな~♪と、ほっこり温かい気持ちにもなりました。
みんなで、手形をして、ママたちに可愛くデコレーションしてもらって、完成です。
みんな、それぞれの可愛いタコさんが出来上がりました。
お子さんの成長記録に、思い出の一つとして、飾っていただけたら嬉しいです。

f:id:senseinoblog:20190801100011j:plain



(文責 髙野)

大束国際美術館

 こんにちは、つくし組担任の上田です。先日車で徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行ってきました。昨年の年末に紅白対抗歌合戦で米津玄師さんが歌われた場所で人気が出ている場所です。
この美術館は、世界の有名な絵画を陶磁器の板に原寸大で特殊技術によって復元し、変色なしで保存できるように展示されてます。また、25ヶ国・190余の美術館が所蔵する西洋名画1,000余点をここ一箇所でほぼ展示されています。
美術館が開く時間に着きましたがすでに沢山の人でした。入ってすぐに圧巻の展示があり、そこからは、ガイドさんに着いていくつか回っていきました。しかも時代背景ごとに見られるので、絵画を見るだけでなく歴史にも触れられました。ガイドさんからは絵画の裏話も教えていただきとても楽しめました。
じっくり見るには1日かかるような内容でした。
その後は、せっかく徳島県まで来たので、渦潮をみたり徳島ラーメンを食べたり色々と堪能しました。
残念ながら写真を載せることができないのですが、もし機会があるのなら行ってみてください!