赤目四十八滝

こんにちは。かなりや組担任の田中梨紗です。
先日、地元の三重県へ帰省しました。今回は、今からぴったりのおすすめスポットを紹介します。それは三重県にある“赤目四十八滝”です。ハイキングコースとなっており約4キロにわたり、四季折々の滝を楽しめる観光名所になっています。私の家が近所なため、よく子どもの頃は家族と一緒に遊びに行ったことを覚えています。先日、友達がボランティアガイドをしていることをきっかけに久しぶりに訪れてみました。

まず、歩いてすぐに見えるのが“不動滝”です。

f:id:senseinoblog:20190713125244j:plain

写真でも分かるようにとても迫力のある姿に魅了されてしまいます。

その後もたくさんの滝を見ながら進んでいくと、“荷担滝”という滝にたどり着きます。

f:id:senseinoblog:20190713125301j:plain


岩を挟んで二つに分かれて流れ落ちる姿は、とても美しく一押しスポットになっています。この滝にたどり着くためには、徒歩約70分かかるのですが、歩いた疲れを忘れさせてくれるほどその景色は圧巻です。

赤目四十八滝は、紅葉シーズンもとてもきれいです。しかし、その時期は観光客が多いため、ゆっくりのんびり景色を堪能したい方には、新緑の時期をおすすめします。
もし、三重県に訪れることがありましたら、ぜひ“赤目四十八滝”に行きマイナスイオンを感じてみてはいかがでしょうか。
(文責:田中梨)

 

防犯指導を行いました

先日、学年ごとに集まって防犯指導を行いました。もし怖い人に出会った時にはどうすればいいのか、DVDや紙芝居を見ながら皆で考えました。すると、「助けてって言う!」「すぐに逃げる!」と子ども達からも声があがり、『いかのおすし』の約束を覚えました。
① ついて行かない ②車に乗らない ③大声で叫ぶ ④すぐに逃げる ⑤大人に知らせる

f:id:senseinoblog:20190704111115j:plain



 職員間でも防犯対策の研修を行いました。万が一に備えて意識を高めていきたいと思います。
 また、セアカゴケグモの話も聞きました。お尻が赤いのが目印で、暗い所が大好きだということ、触ったら手が腫れてしまったり、息が苦しくなったりするんだ。とっても危ない虫なんだよ!見つけたらすぐに先生に教えてね!と話をしました。
 幼稚園の近くでも枯れ草の下などで見かけたことがありますので、十分注意してください。

f:id:senseinoblog:20190704111111j:plain

 

鳥取砂丘

 こんにちは!たんぽぽ組担任の岡澤和花奈です。先日鳥取にある、鳥取砂丘に行ってきました。私自身初めて行く所ということもあり、どんな場所なのかとドキドキしながら砂丘に向かいました。砂丘は思っていたよりはるかに広く、とても大きくてびっくりしました。頂上に登ると、景色がきれいで風が心地よく、ずっと砂丘に居たいという気持ちになりました(*^0^*)
砂丘ではラクダに乗る体験ができるところがあるのですが、今回はタイミングが合わずできなかったので、いつか必ずリベンジしたいと思います!もしラクダに乗ったことのある方がいらっしゃれば是非お話聞かせてください♪(文責:岡澤)

f:id:senseinoblog:20190624121559j:plain

 

絵本紹介『しりとりのだいすきなおうさま』

こんにちは、れんげ組担任の下坂です。
今回、私が紹介したい絵本は「しりとりのだいきなおうさま」です。この絵本に出会ったとき、思わずくすっと笑ってしまい、子どもたちにも読みたいなと思った1冊です。
この絵本に登場する王様は何でもしりとりになっていないと気がすまないくらい、しりとりが大好きです。食事もしりとりの順番に出さなくてはいけないうえに、最後は「プリン」と決まっていて、家来たちはいつも大変です。そこで家来たちは相談して、しりとりで王様をちょっぴりこらしめようとするお話です。
この絵本の特に素敵なところは、次々に料理がでてきて、特にクライマックスではリズムが良く、しりとりが分かる子どもたちだけでなく、しりとりが分からない子どもたちも楽しめるところです!実際に子どもたちに読んでみると、次に出てくる料理を予想しながら、とても楽しそうに笑いながら見ていました。みなさんも是非読んでみてください。(文責:下坂)

 

 

しりとりのだいすきなおうさま (チューリップえほんシリーズ)

しりとりのだいすきなおうさま (チューリップえほんシリーズ)

 

 

避難訓練を行いました。
今回は、火事を想定し、避難しました。
非常の時にのみ、使用する非常階段も利用し、教職員も一丸となって助け合いながら、訓練し、今回も前回と同じくらいの速さで逃げてくることができました。
子ども達は、前回の訓練を思い出し、約束を守り、真剣な表情で逃げてきました。
そして、全園児が集まってからは、実際に火を燃やし、火の危険性についても話をしました。
これから夏に向けて、花火等で使用することがあるかもしれません。子ども達とも、“火は、大人の人と一緒に使おうね”と約束しました。
もしもの時は、いつ起こるかわかりません。子ども達の安全を守れるように、もしもに備え、日ごろの訓練を意味のあるものにしていきたいと思います。(文責 高野)

 

絵本紹介『ぜったいに押しちゃダメ』

こんにちは。りす組担当の佃です。
今回紹介する絵本は「ぜったいにおしちゃダメ?」です。
子どもたちの前には「絶対に押してはいけないボタン」が現れます。そこにモンスターのラリーが出てきて「素敵なボタンだし、ちょっとだけ押してみない?」と誘います。
ラリーに誘われてボタンを押してみると、、
思わず「あ!」と声が出てしまうようなことが起こります。
このお話は他にも絵本をこすったり、振ってみたりと子どもが物語に参加出来る内容になっています。
「押しちゃダメなボタン」を押したり絵本をこすると何が起こるのかな?とドキドキワクワクしながら読める絵本です。
本屋さんで見かけた際には是非手に取ってみてください。
(文責:佃)

 

ぜったいに おしちゃダメ?

ぜったいに おしちゃダメ?

 

 

自己紹介

こんにちは!りす組担当の髙木です。ブログ初登場ということで今回は自己紹介をさせていただこうと思います。
私は生まれも育ちも京都です。小学生の頃習い事で硬式テニスを始めて、中学高校とソフトテニス部に所属していました。体を動かすことが大好きで、大学ではフットサルのサークルに入っていました。そのため、子どもたちと外で思いっきり走って遊ぶのが毎日とても楽しいです。他には食べることが大好きで、お休みの日は美味しいお店やお洒落なカフェをリサーチして食べに行っています。大阪はまだまだ知らないところばかりなので、オススメのお店などがあればぜひ教えてください!
今年度からよろしくお願いします!